レンタルサーバーを比較して選べる

探そうよ!レンタルサーバー
格安サーバー(1,000円以下) 共用サーバー VPSサーバー 専用サーバー ドメイン取得 用語集 ホーム

サーバー選びのポイント

サーバー選びのポイント


料金

レンタルサーバーと一口に言っても無料のものから月額何万もする高価なものまで様々です。
いったいこの違いは何なのでしょうか?
それはサポートやサービスの違い、使える機能の違い、性能の違い等で変わってきます。
特に無料サーバーの場合、広告が入る、表示スピードが遅い、独自ドメインが使えない等の制約があるので、商用目的の方には不向きです。無料サーバーは個人の方がご自分の趣味を公開する等の目的で使用するのが良いかもしれません。
商用利用目的の方には、月額1,000円以下の格安サーバーからワンランク上の共用VPSサーバー、さらに1台のサーバーをまるごと借りてしまう専用サーバーまで各コースの特徴を交えてご紹介していますので参考にしてください。

お手軽!月額1,000以下!!初心者向けレンタルサーバー 小規模サイトならこれでOK!!共用サーバー ワンランク上のサイト運営!VPSレンタルサーバー カスタマイズ自由自在!専用レンタルサーバー

サポート

電話サポートがあるかどうかもレンタルサーバー選びには重要です。メールでのサポートはどのレンタルサーバーも対応しており、いつでも質問できるので便利なのですが、回答までに時間を要する事が多く、急なトラブルには対応できません。しかも、メールが埋もれてしまって回答が無いなんて事もあり得ます。
更に、フリーダイヤルに対応しているか?電話受付時間は何時から何時までなのか?土日祝も対応しているか?など細かい所までチェックする必要があります。

スペック

ディスク容量、メールアカウント数、CGI、PHP、SSI、SSL、データベースが使用できるかどうか等、用途・目的に合わせて選ぶ必要があります。
個人情報を扱う場合はSSLに対応している方が安心ですし、掲示板を設置するならCGIやPHPが使用できるもの、会員管理まで行うならデータベースが必要になってきます。
ホームページで何をやりたいかをきちんと決めて選択するようにしてください。

サーバー種別

共用レンタルサーバー
1台のサーバーを複数のユーバーが共用で利用する
共用レンタルサーバーは他のユーザーの負荷に影響されたり、自由度も少ないですが、利用料金は専用サーバーに比べるとお安くなります。
専用レンタルサーバー
1台のサーバーを1人のユーザーだけで利用する
専用レンタルサーバーは1人で使用するので料金も高めになるが、他のユーザーに影響されず、管理者権限も与えられる場合がほとんどなので、自由度も高く高度なホームページを運営することが可能です。
仮想専用レンタルサーバー
複数のユーザーで利用しながら管理者権限(root権限)を仮想的に利用できる
仮想専用レンタルサーバーは共用と専用の良いところを合わせたサーバーで、管理者権限が与えられるので自由度が高く、複数のユーザーで利用するので料金も専用サーバーよりはお安くなります。
コンテンツ

レンタルサーバーの選びのポイント
人気ランキング

リンク